SES事業部インタビューSES MEMBER INTERVIEW

SES事業部が求める人材

現在、SES事業部で活躍している2名に、仕事の概要ややりがい、これから一緒に働きたいと思う人物像などを聞いてみました。

  • 安藤 由紀男

    SES事業部安藤 由紀男

  • 鹿山 雄真

    SES事業部鹿山 雄真

SES事業部は何をしている事業部ですか?
想いや仕事内容をお聞かせください。

鹿山
やはり一番大切にしていることは、エンジニアさんに仕事を紹介するという視点と、エンジニアさんを紹介してほしいという会社の視点、双方に立って相思相愛でマッチングさせることです。
言い換えると、個人の想いと企業の想いを同じ方向に合わせることを一番大事にしていて、今は具体的には大手の通信会社さんや、受託開発している会社さんにエンジニアさんをご紹介しています。
安藤
フォトメという会社としては、お客様がいてエンジニアさんがいて、どちらの立場に立ちたいかというとエンジニアさんの立場に立って、エンジニアさんのサポーターにうちの会社はなりたいなという思いです。

どのような営業ですか?

安藤
泥臭い営業です(笑)
エンジニアさんと企業さんを会わせてマッチングする事業ですね。
僕たちはエンジニアさんのために働いているというのが一番ですかね。

どのような時にやりがいを感じますか?

鹿山
なかなか頻繁にある機会ではないですけど、エンジニアさんが望んでいたキャリアの扉を開けたときが一番やりがいを感じます。
例えば「実務経験ないんです。でも何とかしてゲーム業界に入りたい。」という大学卒業したての新卒のようなキャリアの子を、誰もが知っているようなゲーム会社に参画させることができて、その方が今すごく生き生きと、すごい成長スピードで伸びていっているところを見ると、この仕事をやって本当によかったなと思いますね。
安藤
人の人生にかかわっているという部分がまた楽しい部分で幸せな部分で、幸せを分け与えていただいているような気分です。
鹿山
あとは、IT業界は人手不足というのもあって、過酷な現場が多かったり、いろんな要因が重なってしまって待遇が悪かったりだとか、自分の実力を発揮できなかったりする人も結構多かったりするんです。ひどいケースだと「この業界辞めようかな」と思っているくらいの暗い表情をしてご相談に来る方もいます。
ですが、そういった人が自分の紹介した現場に入った後に、すごく生き生きしていて「最高ですよ、この現場」みたいな表情が見れたりしたときもすごくやりがいを感じます。
なので、流行りのワードとして出てきますけどワークライフバランス、仕事の質が上がることによって人生の質が上がるというところを間近で見られるというのもこの仕事のやりがいの大きな一つではないかなと思います。

どのような思いを持った人たちと一緒に働きたいですか?

鹿山
僕はおせっかいな人と仕事がしたいです。この仕事は多分おせっかいな人じゃないとやれないと思うんですよね。
仕事っていう部分に大きく携わるので否が応でも相手のプライベートに踏み込むことが多いんです。おせっかいじゃない人にとっては面倒くさいと思う領域なはずなんですよ。キャリアの形成なんて自己責任でしょ、といってしまえばそれまでですし。
なので、良くも悪くもこの業界はおせっかいな人が向いてますね。格好よく言い換える「誰かのために何かをしたい」というのが明確にある人、でもそれをどう表現したらいいかわからない、でも「人の役に立ちたいんです!」という熱い気持ちだけがあれば他に何もいらないと思います。やり方なんて僕らで教えることは出来るので。

業界や経験は必須ではないですか?

安藤
鹿山
全然必要ないです。営業未経験でもいいです。
安藤
人の気持ちがわかる人であれば大丈夫です。気持ちさえあれば。
鹿山
そういった気持ちを持った人と一緒に働きたい、それに尽きると思います。
安藤
強いて言うなら気を遣える人がいいですね。気を遣うことが多いので、いい意味で気を遣うことができる人で自分以外の人の細かいところに気が付くことができる人。そういう人と一緒に仕事がしたいです。

募集要項

  • 新卒採用
  • 中途採用